福井県越前市の田地工務店です。木造住宅設計、施工、増改築、リフォームのことなら当社へおまかせください!!

qrcode.png
http://taji-komu.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

田地工務店
〒915-0001
福井県越前市中新庄町61-107
TEL.0778-23-0771
FAX.0778-23-1833

──────────────

本格木造住宅 設計施工
増改築 リフォーム等
──────────────
──

030203
 

こだわりをご紹介

 

末永く、ずっと心地よい木の家

末永く、ずっと心地よい木の家
 

日本の気候や風土に適し、人に優しく日本の家づくりに最も適した素材「木」。
木の良さを知り尽くし、「木の家」にこだわった家づくりが当社の自慢です。


   
木は天然のエアコン

人が生活するにあたって、高すぎても低すぎても健康にマイナスとなる湿度。木の家には、その目には見えない湿度をコントロールする力があります。
木は、木材になってからも呼吸をし続けています。空気中の湿度が高い時には水分を吸収し、カビやダニの発生を抑え、逆に湿度が低くなると水分を放出し、インフルエンザなどのウイルスの繁殖を防いでくれます。
   
自由自在なプラン設計

木の家は、基本的に柱や梁による骨組を主体にしているので、構造的な制約が少なく、プラン設計において自由度がもっとも高いといわれています。
狭い土地や変形敷地への対応も容易で、外観も外壁や開口部、屋根などのデザインに制約が少なく、あらゆるスタイルを自由に実現できます。

また、長い歳月の間には、家族構成やライフスタイルに必ずといっていいほど変化が生じてくるものですが、木造住宅なら、点検や修理もしやすく、柱や梁を動かしたり外したりするような大幅なリフォーム、増改築も柔軟に対応できます。
   

時とともに深まる木材の強さ


木は生きている素材です。柱や梁などの構造材になってからも、徐々に強度が増し続けると言われており、事実、引張り強度(引っ張った時のちぎれにくさ)や圧縮強度(押した時のつぶれにくさ)は伐採時より300年後のほうが強いことが証明されています。

また、同じ重さで木と鉄やコンクリートの強度を比べた場合、木の曲げ強度は鉄の約15倍、コンクリートの約400倍、圧縮強度はコンクリートの約10倍、引張り強度は鉄の約4倍、コンクリートの200倍以上もあります。

   

これは、同じ強度の建物をつくる場合に、建物自体の重さを軽くできることを意味します。軽くできるということは、地震に優位に働きます。なぜなら地震の振動エネルギーは、重さ(住宅の自重や家具などの積載荷重など)に比例して大きくなるので、軽い木造は、重いコンクリートや鉄骨構造に比べて建物にあまり大きな力が掛からないからです。

軽くて強い木の家は、地震大国の日本にとても適した住まい。黄の特性をしっかりと把握している当社だからこそ、強くて末永く住みやすい住まいをご提案できます。

 

   

暮らしを守るための地震対策


堅牢な家をつくるためにまず大切なのが基礎。地盤をよく調査し、それに合わせた基礎を施工することが重要です。

当社の基礎工事はすべて鉄筋コンクリートの連続したベタ基礎を採用。耐震性や不動沈下の抑制に優れた、安定した土台を形成しています。
そして、地震の際に強い引き抜き力がかかる構造体については、強度をより一層高めるべく開発された、最新の耐震金物を随所に使用。これにより、基礎、土台、建物が強固に一体化し、外からの力に対して強度を保ちます。

また、設備にも万全の地震対策を施しています。
例えばキッチン。IHクッキングヒーター又は安全センサー付きのガスコンロの採用。揺れを感知すると自動的にロックして、危険な開閉や上部からの落下物を防ぐキャビネットや吊り戸棚など、ご家庭を地震から守る様々なご提案をしております。

   
防犯を考えた家づくり

安心して住み続けるためには、外からの侵入を防ぐのはもちろんですが、狙われにくい環境をつくることも重要です。当社では設計、設備を合わせた様々な対策をプランニング時にご提案しています。
   

ユニバーサルデザインを考慮した設計・設備


当社は、高齢者や障害を持った方だけではなく、一緒に住む誰もが使いやすい設計や設備、家族みんなが安心して住むことができる家づくりをご提案しています。

<<田地工務店>> 〒915-0001 福井県越前市中新庄町61-107 TEL:0778-23-0771 FAX:0778-23-1833